読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命の人は自分でつくる

星の王子様をご存知だろうか。

 

サンティグ=ジュペリの有名な本である。

 

本の中に、こんな話がある。

 

王子様は自分の星の1本のバラをとても大事にしている。

しかし、違う星にいったときに、多くのバラをみる。

 

王子様は考える。

あのバラは特別なわけじゃなかったんだ。

こんなにバラはたくさんある。

 

キツネが言う

王子様が時間をかけて育てたから、このバラは王子様にはとって特別なものなんだと。

 

心でみるんだよ。

大事なものは目に見えるないんだ。

 

運命の人は、逢った瞬間に運命の人になるわけじゃない。

そういう人も、まぁいるのだろうけど。

私もある意味人生を変えた運命の出逢いがたくさんあった。

 

ほら、付き合ってもすぐ別れたり、

自分の人生になんら影響与えなかったかもなー的な出逢いもあるじゃない。

少なからず、影響はあるんだけどね。

 

運命の人は、自分でつくっていくもの。

もともとは他人である。

何をして生きてきたか、それは自分自身しかわからない。

 

一緒にいたかったり幸せにしたい、なりたいから大事にしたり

だから自分を変えることもあるし、相手が変わることもあって。

 

その努力をもできない人は運命の人じゃない。

人のために努力できる時点で、自分ってゆー一個人に対してとっても希少な存在なわけで。

こんなに多くの人がいるんだもの。

その中で、自分と一緒にいるために努力してくれる人って、どのくらいいるんだろ?

一緒にいるために努力できる相手って、どのくらいいるんだろ?

それがマッチするのは??

 

それが、運命の人。