読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラとする方向へ

正しいかわからなくなったとき。

 

道に迷ったとき。

 

ふと、今の自分を考えてみる。

 

そこにキラキラは存在するか。

後ろめたさはないか。

本能はなんていってるか。

 

share houseをでることは、もう決めた。

友達は、離れても友達。

みんなにはいつでも会える。

 

海外は、行きたいけど逃げてる気がする。

1年間くらい、誰も私のこと知らないとこに生きないと思う。

けど、そんなことして何になるのかって思う自分もいる。

 

助産師としてこれでいいのかって思う。

極めたくなかったのか。

本当にやりたかったことって??

 

初めて顧客がついた。

お会いした瞬間に、明らかに相手が安堵してるってわかった。

私の役割は、得意なことは何か、わかってる。

 

でもそれだけじゃまだまだで、勉強することたーくさんある。

自分の特技を活かしつつできることって、なんだろう。

 

日々自問自答ー。

もーすぐ春ですね。

 

東と西と公園と。

現在住んでいるところは、東である。

 

東部のこの一帯は、関東大震災の時にほぼ全焼し、整備された地域だそうだ。

<私の東部のイメージ>

道路がサイの目のようになっていて、ちょっと関西風。

工場地帯っぽい感じ。

良き下町。

 

西武は言わば新宿より西、くらいなイメージなんだけど、森が開拓された感がある。

<私の西部のイメージ>

繁った森が多い。

畑がたくさんで、空が広いイメージ。

これ以上発展はあんましないんじゃないかという感じ。でも人気が高い。お洒落だからか??

 

西部は23区の中でも世田谷区、中野区、杉並区と、ちょっとセレブリティーな感じの区が多い。

そして区よりも圧倒的に多いのが「市」

中でも、府中市三鷹市武蔵野市立川市は結構主流な「市」である。

 

お洒落なのももちろんだけど、私は「落ち着いている」感じが好きである。

 

緑と空が私のお気に入りで、

草原に行きたい衝動を常に持っている。

ずっと住むとしたらだんぜん西部だし、公園に行ける環境が私を落ち着かせるのである。

 

そしてもうすぐ西に引っ越しをする。

 

三鷹と吉祥寺の間で、歩いてジブリの森に行けるところだ。

携帯を手放して、パンを買って公園でゆっくり散歩さえできれば、私はこれ以上望むことはない思う。

 

以前、自律神経失調症になりかけたことがある。

私自身がそれを認めなかっただけだけど、明らかに身体がおかしかった。

でも、明るい日差しと公園が、なんでも治してくれる。

 

ITや機械は好きだ。

でも人間は、電波から少し遠ざかって過ごすのが一番と思う。

 

よし(*^^*)

公園にいこう*\(^o^)/*

携帯は家に置いて。

 

 

 

 

 

I want talk to you.

といってみたら、どうなるだろうか。

 

言ってみよぉっと!

心配なのだ。

 

伝える力

まずもって、常識のないメールの打ち方をしている人の話は、誰でも聞きたくないであろう。

 

「窃盗罪で訴えます」とか、

ほんと馬鹿か?って感じの文章。

友達に送る文章ではない。

 

ってことは彼は彼らを友達とみなしていないのか。

どこまで自己本位なやつなんだ。

一瞬でも好きになった自分を恥じた。

こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。

 

自分のことを言われるとムキになる人はプライドが高い。

外資だかなんだか知らないけど、

もっと凄い人をいっぱい知っている。

 

そして凄い人たちは、自分を上に上げない。

人を上から見ない。

むしろ自分を落として、相手目線で物事を見ようとする。

 

そんな人たちをたくさんみてきた。

 

自分でコネがあるだの、仕事が満足できないだの、

疲れた、昼夜逆転だだのなんだの、

そんなこと言ってる小さいやつは、所詮。である。

そんなやつに何が誰にどうやって?

伝えれるのだろうか?????

 

心の中であざ笑ってあげよう。

そして誰も読んでないだろうはてなブログに書き記す。

 

私がこの恥ずかしいと思った過去を忘れないように。

あー、時間の無駄だゎ。

 

元彼の動向

映画に女子を誘うのは、気があるからなのか。

 

なのだろう。

 

文章に書いてみると、そうか。と思った。

 

元彼が友達を好きになると、なにか複雑な気分になる。

それを聞いて、元彼だよって言えないのも何か複雑な気分になる。

 

そういう時は情報源を断つべきとった。

やっぱり早く引っ越そう。

断捨離しないと心がもたない。

 

 

 

運命の人は自分でつくる

星の王子様をご存知だろうか。

 

サンティグ=ジュペリの有名な本である。

 

本の中に、こんな話がある。

 

王子様は自分の星の1本のバラをとても大事にしている。

しかし、違う星にいったときに、多くのバラをみる。

 

王子様は考える。

あのバラは特別なわけじゃなかったんだ。

こんなにバラはたくさんある。

 

キツネが言う

王子様が時間をかけて育てたから、このバラは王子様にはとって特別なものなんだと。

 

心でみるんだよ。

大事なものは目に見えるないんだ。

 

運命の人は、逢った瞬間に運命の人になるわけじゃない。

そういう人も、まぁいるのだろうけど。

私もある意味人生を変えた運命の出逢いがたくさんあった。

 

ほら、付き合ってもすぐ別れたり、

自分の人生になんら影響与えなかったかもなー的な出逢いもあるじゃない。

少なからず、影響はあるんだけどね。

 

運命の人は、自分でつくっていくもの。

もともとは他人である。

何をして生きてきたか、それは自分自身しかわからない。

 

一緒にいたかったり幸せにしたい、なりたいから大事にしたり

だから自分を変えることもあるし、相手が変わることもあって。

 

その努力をもできない人は運命の人じゃない。

人のために努力できる時点で、自分ってゆー一個人に対してとっても希少な存在なわけで。

こんなに多くの人がいるんだもの。

その中で、自分と一緒にいるために努力してくれる人って、どのくらいいるんだろ?

一緒にいるために努力できる相手って、どのくらいいるんだろ?

それがマッチするのは??

 

それが、運命の人。

 

恋愛休憩

そろそろわけわかんなくなってきた(T_T)

ドキドキする相手が好きな人なのか?

恋愛と結婚は違うのか?

迷ってないでパッと結婚しちゃいたいところである。

 

やりたいこと。

たくさんあるし、寄りかかるとこ必要だけど、

ほんと海外逃亡計画。

 

映画ホリディのようにね。

 

airbnbを友達に薦められた。

私の行きたいアイルランドに可愛いおうちがたくさん。

そこで語学学校とバイトで半年くらいいくのもいいな。

何か新しい出会いがあるかも。

 

ここにいて、今のままじゃダメな気がする。

 

私がキラキラと感じる方へ。

まずはしばらく自分と向き合おう。