読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛おしい時間について

about timeに影響された私のdiary

伝える力

まずもって、常識のないメールの打ち方をしている人の話は、誰でも聞きたくないであろう。

 

「窃盗罪で訴えます」とか、

ほんと馬鹿か?って感じの文章。

友達に送る文章ではない。

 

ってことは彼は彼らを友達とみなしていないのか。

どこまで自己本位なやつなんだ。

一瞬でも好きになった自分を恥じた。

こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。

 

自分のことを言われるとムキになる人はプライドが高い。

外資だかなんだか知らないけど、

もっと凄い人をいっぱい知っている。

 

そして凄い人たちは、自分を上に上げない。

人を上から見ない。

むしろ自分を落として、相手目線で物事を見ようとする。

 

そんな人たちをたくさんみてきた。

 

自分でコネがあるだの、仕事が満足できないだの、

疲れた、昼夜逆転だだのなんだの、

そんなこと言ってる小さいやつは、所詮。である。

そんなやつに何が誰にどうやって?

伝えれるのだろうか?????

 

心の中であざ笑ってあげよう。

そして誰も読んでないだろうはてなブログに書き記す。

 

私がこの恥ずかしいと思った過去を忘れないように。

あー、時間の無駄だゎ。